だるくて食欲もない夏バテに漢方薬が効く?

ライフスタイル
この記事は約3分で読めます。

連日、暑い日が続いています。毎日のように熱中症で搬送される人が多数いらっしゃる中、お子さんやご年配の方が命を落としてしまっているほど異常な暑さです。皆さんはしっかりと熱中症対策をされていますか?

夏バテ予防・対策に漢方薬が効くらしい

暑さ対策をしているつもりでも、体がだるくて食欲が無いなどの夏バテの症状が出てしまいます。そんなとき思ったのは、漢方薬で体調を整えることができないか、ということ。

調べてみると、どうやら「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」という漢方が効くらしいです。補中の「中」は胃腸のことを指し、益気とは「気(エネルギー)」を増やすという意味で、「疲労倦怠」「食欲不振」「虚弱体質」「病後・術後の衰弱」といった症状を改善してくれるそうです。

中医学では、「気」が低下すると、疲労感や倦怠感が続くと考えられています。これは、過労や不規則な生活、ストレスなどによって胃腸が弱ってくると、食事から「気」をうまく吸収することができなくなって、「気」が不足した状態になると考えているからです。

こんな症状はありませんか?
疲れている
体がだるい
食欲がない
朝起きるのがつらい
風邪をひきやすい

このような症状があるときは「気(エネルギー)」が体全体に行き渡ってないかもしれません。特にこの季節は、熱中症予防として冷房は欠かせませんが、エアコンのきいた室内から外へ出たときの温度差で、体が対応できず、「だるい」「疲れやすい」「食欲がなくなる」といった不調が出てきます。そんな時こそ、「気」のめぐりを良くして、全身の機能を促進させることが大事なんですね。

夏バテにはスパイシーな火鍋がオススメ

漢方薬で体調を整えるのもいいですが、毎日の食生活で薬膳を摂り入れるのもいいですね。夏バテで食欲がない時でも、意外と辛い物は食べられたりしませんか?

辛いものを食べて汗をかくのは、体内にこもった気を外にだすことと考えられています。代謝を促進してくれるんですね。辛い物を食べて汗をかいたら、酸味のあるデザートで気を補給することを忘れてはならないそうです。

レストラン「オーガニック野菜×バルkitchen kampo’s」では、薬剤師・薬膳師が監修した生薬たっぷりの薬膳鍋が食べられます。中医学に基づいて体調や体質に合わせたアラカルトメニューが豊富です。使われている食材は有機農法・自然農法・減農薬農法など、厳選された食材なので安心です。

こちらでは、漢方薬も処方してもらえるので、一度試してみてはいかがですか?

オーガニック野菜 × バルkitchen Kampo’s (カンポーズ)銀座店
所在地:〒105-0004 東京都港区新橋1−5−6 第3誠和ビル5F
TEL:03−6264−5811
営業時間:月〜金・祝前日17:00~23:30、土日11:00~14:00 17:00~23:00
オーガニック野菜 × バルkitchen Kampo’s (カンポーズ)銀座店

漢方の本場 台湾のブランドDAYLILYが日本でも購入可能に

台湾で人気の漢方オンラインショップが日本でオープンしました。台湾では漢方薬は生活に根付いており、薬としてだけではなく、健康や美容のために気軽に取り入れられているそう。

Daylily(デイリリー)のアイテムは、漢方薬とは思えないようなかわいいパッケージです。漢方薬の初心者でも購入しやすいビギナーセットやギフトセットなどがあります。

DAYLILY 台北旗艦店
所在地:台灣台北市松山區民生東路五段 165-1 號一樓
アクセス:松山空港からタクシーで5分、富錦街エリアから徒歩3分、最寄りバス停「三民路口」から徒歩5分もしくは「民生社區活動中心」から徒歩8分
営業時間:11:00〜21:00 日曜定休日
error:Content is protected !!