ミーユエ~王朝を照らす月~|配信情報や時代背景・相関図・キャストを画像つきでご紹介

中国 時代劇

中国時代劇『ミーユエ~王朝を照らす月~』を視聴できるVODサブスク(動画配信サービス)を掲載しています。登場人物・キャストや時代背景もご覧いただけます。

『ミーユエ』の作品情報

原題:芈月伝 2015年|中国
英題:The Legend of Mi Yue
制作:東陽市花児影視文化有限公司
脚本:蒋勝男(ジャン・ションナン)、王小平(ワン・シャオピン)
監督:鄭暁竜(ジョン・シャオロン)
エピソード数:全81話

総製作費58億円という超大作の宮廷時代劇です。豪華絢爛な宮廷が見事に再現され、きらびやかな衣装や装飾品を見ているだけでも十分楽しめます。

動画配信サービスでの再生回数は、なんと200億回超!(2局累計)、歴代No.1を記録しました。そんな大ヒット時代劇となった『ミーユエ』は、無料配信で楽しめます🙂

『ミーユエ~王朝を照らす月』 無料見逃し配信情報

『ミーユエ』を無料で視聴できる配信サービスを調べてみました。さすが大ヒット作だけあってこんなにあります!
※ サービス名↓をクリックすると公式サイトにアクセスできます。

サービス名配信状況無料期間
31日間無料
×2週間無料
初回2週間無料
30日間無料
31日間無料
入会月無料
×1か月間無料
30日間無料

※ 本ページの情報は2021年5月現在のものです。

『ミーユエ~王朝を照らす月』のあらすじ

紀元前338年。楚の国の夜空に、天下を統べる覇者誕生の予兆である“覇星”が現れ、宮廷内では男児の誕生を待ちわびていました。

ところが、生まれたのは男児ではなく女児でした。覇星誕生の予言を知る王后は罠を仕掛けますが、赤ちゃんは奇跡的に助かります。月のきれいな夜に生まれたその子は、ユエ(月)と名づけられ、すくすくと育ちます。

利発的な女性に成長したミーユエは、幼なじみの黄歇(こうあつ)に支えられ、互いに愛を誓いますが、義母姉・びしゅの秦への輿入れに同行します。いつしか恵文王から寵愛を得るようになり側室となります。そして後の昭襄王・稷を生みます。

ミーユエは次第にその才腕を発揮、やがて朝政に参加し、秦の強大化への礎を築いていくことになるのですが、さまざまな試練も待ち受けていました。

『ミーユエ』見逃し配信

『ミーユエ~王朝を照らす月』の相関図

では、あらすじが分かったところで『ミーユエ』の相関図と登場人物を見てみましょう。

ミーユエ相関図
画像:ドラマ「ミーユエ」の公式サイト

ドラマ『ミーユエ』のモデルは、楚国の王女で、秦の始皇帝の高祖母(ひいひいおばあちゃん)にあたる人物です。「秦の始皇帝」のおばあちゃんと言ったほうが分かりやすいかもしれません。

中国時代劇『コウラン伝』に登場する人物でいうと、秦王嬴稷(えいしょく)の母にあたります。ミ―ユエの子が秦の昭襄王で、孝文王、荘襄王と続き、始皇帝となります。

秦国の歴代王(君主)
第26代恵文王(初代秦王:嬴駟)⇒第27代武王(嬴蕩)⇒第28代昭襄王(昭王/嬴稷)⇒第29代孝文王(安国君/嬴柱)⇒第30代荘襄王(嬴異人)⇒第31代秦始皇(嬴政)

登場人物(国別)

芈月ミーユエ芈姝ビシュ黄歇こうあつ、楚王・羋商、屈原、靳尚、楚王・羋槐、南后、唐眜

秦王・嬴駟えいし、張儀、樗里疾、魏琰ぎえん、公子・華、景氏、昭氏、庸芮、蒙驁、孟嬴、武王・蕩、昭襄王・稷、王后・羋瑶、魏冄、羋戎、白起、魏丑、商鞅

義渠

義渠王・翟驪たくり

『ミーユエ~王朝を照らす月』 の時代背景

舞台となるのは紀元前338年~前265年。春秋戦国時代です。

紀元前315年頃戦国時代地図
画像:世界の歴史まっぷ

当時は7つの大国(秦、楚、斉、燕、趙、魏、韓)と小国(衛、魯、宋、中山、周)が連立していました。ミーユエには、楚、秦、義渠の3つの国が登場します。

  •  後に始皇帝を輩出。強力な中央集権体制。ミーユエの嫁ぎ先
  •  周から続く国。ミーユエの出身国
  • 義渠(ぎきょ) 春秋戦国時代にオルドス地方に存在した遊牧国家

義渠(オルドス)について深掘り

義渠(オルドス)は初めて聞く国だったので、ザックリと調べてみました。

オルドス
画像:世界の歴史まっぷ

オルドスは、内モンゴル自治区です。西・北・東を黄河、南を万里の長城に囲まれた地方で、その大部分が砂漠です。

オルドスという地名は、明朝(1368年~1644年)以降に、この地に住み着いたモンゴル人の部族「オルドス部」に由来します。

匈奴、趙、秦、漢に征服され、その後も匈奴系や突厥系などの遊牧民族王朝や、唐、明などによる支配を受けました。清朝からは漢族が入植し、現在の住民は漢族が多いそうです。

『ミーユエ~王朝を照らす月』のキャスト

画像:Baidu百科

ミーユエを演じるのは「宮廷の諍い女」でもおなじみスン・リー。波乱万丈の生涯を見事に演じています。

『ミーユエ~王朝を照らす月』のまとめ

  • 舞台は紀元前338年の楚、秦、義渠の3国
  • ミーユエは、楚国出身で「秦の始皇帝」のおばあちゃんにあたる人

いかがでしたか?『ミーユエ』を楽しむのに少しでも参考になれば幸いです。それにしても『ミーユエ』は紀元前の話なんですね。改めて中国の発展した文化に感心してしまいました。

『ミーユエ~王朝を照らす月』全話配信中!!

U-NEXTなら『ミーユエ~王朝を照らす月』が独占見放題です!
『ミーユエ』見逃し配信を今すぐ無料で観る👀

チェック
error:Content is protected !!