華流ドラマ『上陽賦(じょうようふ)~運命の王妃~』はどんなドラマ?相関図・キャストをご紹介!

 
チャン・ツィイーが初めて連続ドラマに出演する『上陽賦~運命の王妃~』は、動乱の世の王朝に渦巻く激しい権⼒争いを描いた超本格的歴史ドラマです。

皇帝一族の血を引き上陽郡主の名を授かった士族の娘王儇と、寒門出身で一介の兵士から将軍、そして王爵まで授かった蕭綦が生死を共にしながら国に忠誠を誓い、民を救い、幾多の困難を乗り越えていく物語。引用:公式サイト

この記事では、『上陽賦~運命の王妃~』の相関図や登場人物の関係性など、基本情報をまとめています。

『上陽賦~運命の王妃~』作品概要

  • 制作:2021年|中国
  • 原題:上阳赋
  • 原作:帝王業(メイ・ユージョー)
  • 脚本:ルオ・ソン
  • 演出:ホウ・ヨン
  • 監督:フィリップ・ル・スール
  • エピソード数:全68話
  • ©2021 China International Television Corporation

相関図

上陽賦~運命の王妃~ 相関図

出典:公式サイト

『上陽賦~運命の王妃~』のキャスト

王儇(おうけん)

上陽賦~運命の王妃~ 王儇(おうけん)

幼名は阿嫵あぶ。皇帝一族の血を引く士族の娘。

上陽郡主の名を授かり、兄よりも位が高い。3人の皇子たちとは、幼い頃から一緒に遊んで育ちました。

豫章王との婚姻は父親が仕組んだものだと知って悲嘆に暮れますが、自分の運命に立ち向かう覚悟を決めます。士族や国が戦火にまみれ、過酷な宿命に襲われることに。

チャン・ツィイーのプロフィール

チャン・ツィイー(章子怡)
1979年2月9日生まれ(45歳)。北京出身。164cm。
出演作:『SAYURI』『女帝[エンペラー]』など

蕭綦(しょうき)

上陽賦~運命の王妃~ 蕭綦(しょうき)

豫章よしょう王。寒門出身。寧朔の将軍。

一介の兵士から次々と功績を挙げて、将軍の地位まで上り詰めました。“戦の神”と言わしめる抜群の武力を持ち、指導者として君臨します。

豫章王の兵力を手に入れたい宰相と皇后に命じられ、仕方なく王儇と政略結婚しました。王儇の人柄を知ると少しずつ心を通わせ、生涯愛し続けます。

ジョウ・イーウェイのプロフィール

ジョウ・イーウェイ(周一囲)
1982年8月24日生まれ(41歳)。湖南省吉首市出身。
出演作:「長安二十四時」「海上牧雲記 ~3つの予言と王朝の謎」など

その他登場人物

琅琊王氏

王藺(おうりん):ユー・ホーウェイ
上陽賦~運命の王妃~ 王藺(おうりん)
丞相。王儇の父。王儇と第3皇子の婚姻を阻止。代わりに蕭綦を王儇の婿に迎える。弟の王栩と共に皇帝を失脚させようと策略をめぐらし、第二皇子に反逆される。皇帝が急逝すると、東宮を包囲して謀反を起こしたと打ち首を言い渡されるが、蕭綦の免死金牌に助けられ、都を離れる。皇太后の刺客に狙われたが難を逃れて皇太子と共に身を隠す。

王夙(おうしゅく):ジア・イーピン
上陽賦~運命の王妃~ 王夙(おうしゅく)
世子。王儇の兄。正室の桓宓とは仮面夫婦を演じている。元々桓宓に思いを寄せていたが、第2皇子の正室になるはずだったと知って冷淡に。道楽者と思われていたが、水害の治水工事で本領を発揮します。その先で王儇から皇太子を託される。

王皇后:シー・クー
琅琊王氏出身の12人目の皇后。王藺の妹。息子で皇太子の子隆を帝位に就かせるため、さまざまな陰謀を企てる。皇太后になっても後宮の権力を握ろうと、皇后が懐妊すると謝氏から継承者が出ないよう企てる。

王倩(おうせん):曾一萱
王儇の従姉妹。皇帝の側室にと都へ呼ばれたが、忽蘭へ嫁がされることになり、阻止しようと母親と共謀して蕭綦をたぶらかしたのが露見して忽蘭へ。忽蘭に連れ去られた王儇を殺害しようとして失敗。

皇家

馬曜(ばよう):ジァン・カイ
上陽賦~運命の王妃~ 馬曜(ばよう)
皇帝。謇寧(けんねい)王と王座を競っていたが、先帝が亡くなると、”琅琊王氏”の力を借り、遺言の詔で皇帝に即位。王儇を寵愛し、王儇と第3皇子の婚姻を認めていたが、王藺の策略で毒を盛られてしまう。回復しつつも乱心したふりをして王藺を倒す機会を狙っていると、第2皇子の謀反で帝位を譲るよう迫られ、王儇に虎符と遺言書を託す。

晋敏長公主・馬瑾若(ばきんじゃく):アンジー・チウ
上陽賦~運命の王妃~ 馬瑾若(ばきんじゃく)
王儇の母。晋敏しんびん長公主。皇帝陛下の唯一の妹。自分と同じ目にあわせたくないと、王儇の婚礼の前に、馬子澹と駆け落ちするよう手を貸したが、豫章王の人柄を知って王儇を託す。長い間、夫の王藺と皇帝の板挟みで身を切られる思いをし、夫が謀反を起こすと、崩御した皇帝のあとを追って命を絶つ。

馬子澹(ばしたん):トニー・ヤン
上陽賦~運命の王妃~ 馬子澹(ばしだん)
第3皇子。王儇の幼なじみで心を通わせたの相手。王儇が蕭綦と政略結婚しても、王儇のことを忘れられない。先帝が崩御すると陵墓で墓守することに。蕭綦を倒すために賀蘭箴と手を組み、皇帝が崩御すると帝位を継ぐ。王儇が死んだと聞かされ、蘇錦児を貴妃に迎える。しかし、王儇が忽蘭で生きていたと知って救出しに行こうとしたが「罪己の詔」を出されて断念

馬子隆(ばしりゅう):グオ・ジャーミン
皇太子。優しすぎる性格で王藺と皇后の言いなり。王儇に片思いしていたが、第2皇子にハメられて謝宛如を娶ることに。先帝の遺言で皇帝に就く。蕭綦を排除しようとするも刺客に狙われて危篤状態になり、王儇に皇太子を都から出すよう遺言を残す。

馬子律(ばしりつ):プー・バージャー
第2皇子。桓氏と結託して皇帝の座を狙う。謇寧王の実子。第3皇子に刺客を送り、王氏と謝氏を争わせる。皇帝を監禁して生前退位を求めるも、王儇に阻まれて失敗

馬睢:ワン・グアンフイ
謇寧(けんねい)王。皇帝の弟。第2皇子の実父。第2皇子を皇帝の座に就かせようと謀反を起こすが、豫章王に阻まれる。

謝氏

謝貴妃:カラ・ワイ
皇帝の側室。第3皇子(馬子澹)の母

謝宛如:ズオ・シャオチン
本来は蕭綦に嫁ぐはずだったが、酔った皇太子に貞操を奪われて皇太子妃に(後の皇后)。謝氏を盛り返すため、王儇の侍女・蘇錦児を利用し、上京した賀蘭箴に接触。皇帝が危篤になると殉葬を命じられ、王儇に皇太子を託す。

謝淵(しゃえん):ジアン・タオ
謝宛如の父。謝貴妃の兄。馬子澹の叔父。王藺によって罷免され、謝氏一族は都を追放される。

賀蘭氏

賀蘭箴(がらんしん):ユアン・ホン
突厥王の庶子。忽蘭王には嫡子がおらず、何事もなければ王位を継げる地位。
蕭綦に母親を殺害された。王儇を利用しようと拉致するが、次第に惹かれていく。蕭綦との争いで腕を失い、橋から落下、救助されて忽蘭へ引き渡される。蘇錦児を利用して王儇を忽蘭へ連れ去ったが、賀蘭拓に忽蘭王暗殺の罪を着せられる

賀蘭拓(がらんたく):王若麟
忽蘭王の甥。王倩の夫。忽蘭王を殺害して賀蘭箴に罪を着せるが、豫章王に捕らえられる

その他

蘇錦児(そきんじ) :リュウ・イー
王儇の侍女。幼い頃から王儇と共に育った。第3皇子への想いを知った皇太子妃(皇后)に利用される。賀蘭箴にその弱みを握られて、王儇の身柄を引き渡す。王儇は身投げしたと偽り、貴妃に封じられたものの、生まれた皇子が皇帝の子ではないとバレて追放される

玉秀(ぎょくしゅう):スイ・ユエン
王儇が寧朔に来てから仕える忠実な侍女。宋懐恩に好意を持ち、念願が叶って嫁ぐ。命をかけて王儇を守った功績で豫章王の妹として迎えられ、蕭玉岫の名を賜る

宋懐恩(そうかいおん):リウ・ドアンドアン
豫章王の部下。ひそかに王儇に好意を寄せていたが、玉秀を娶る。婚礼後、治水のため都を離れる。

胡瑶(こよう):ハイ・リン
寧朔軍の副将。寧朔軍が全滅したところを馬子澹に救出されるが、豫章王と寧朔軍の無実を訴える

胡光烈(ここうれつ):ホウ・シアオ
寧朔軍の副将。胡瑶の兄。罠にはめられて負傷した豫章王を救うため、豫章王に成り代わって命を絶つ

唐競(とうけい):ポン・ボー
寧朔軍の副将

龐癸(ほうき):ツァオ・ジュン
王儇の忠実な護衛。王儇を護送中、蘇錦児に毒を盛られるが、一命を取り留め、忽蘭で王儇と再会

温宗慎(おんしゅうしん):ジョン・ユー
侍中。皇帝に忠実。丞相に王儇をさらった罪を着せられる

 
以上、『上陽賦~運命の王妃~』のあらすじ・相関図・登場人物・キャストをご紹介しました。

error:Content is protected !!