華流ドラマ『蝶の夢 ~ロマンスは唇から~』27話・28話・29話・30話・31話・32話のあらすじ

韓絵と非墨の熱愛キス報道が流れ、複雑な心境に陥ります。

蝶の夢~ロマンスは唇から~ 第27話~第32話あらすじ

第27話 期待(下)

韓絵と程会長の会食に同席することになった小暖は怖気づいてしまいますが、暁静に鼓舞されて自信を取り戻し、自分を支えてくれている人たちの期待を裏切らないよう心に決めます。

小暖の姿を見つけた韓絵は、不満げな表情を見せるものの、会長にアメリカ土産を渡すことを忘れません。しかし、ダイヤのブローチを贈られた会長は、小暖のほうが似合うと譲ってしまい、さらに小暖は葉家の嫁にふさわしいとくり返します。「天上の銀河」の主役の座を要求する韓絵でしたが、会長と暁静は決定権がないと言って受け流します。

一方、程会長たちの会食に小暖も同席すると知った非墨は、心配して駆けつけたものの、韓絵を言い負かす小暖の姿を見て安堵します。

第28話 あうん

韓絵と小暖のやり取りを密かに聞いていた会長は、芯が強くて将来性のある小暖を気に入り、非墨に葉家の嫁として大切に扱うよう伝えます。

一方、会食が失敗に終わったと聞いた蒋放は、作戦を変更することに。指示を受けた韓絵は、バーで酔いつぶれ、非墨に迎えに来るよう頼みます。非墨は仕方なく韓絵のマネージャーに代わって迎えに行きますが、罠にはめられてスクープされてしまいます。翌朝には韓絵と非墨の熱愛キス報道が拡散されていました。

片や韓絵と非墨の過去を知った霊児は、蒋放から詳しい話を聞き出します。韓絵が非墨に会ったとき、韓絵は売れない役者で、非墨は素性を隠して付き合っていました。韓絵を警戒した程安雅は、アメリカ人の監督を使って韓絵に米国進出を進めます。非墨はその頃、大型案件を用意して、素性を明かそうと思っていましたが、韓絵はハリウッド行きを選んだのでした。

一夜明け、非墨は韓絵に特別な感情はないと伝えますが、折り悪く2人が一緒にエレベーターにいる所に、小暖と暁静が鉢合わせします。

第29話 ゴシップ

エレベーターに同乗する小暖と暁静。韓絵が嫌味を言ってきても、小暖は2人の関係を尋ねないので、非墨は不安になります。

安寧には記者が集まりましたが、非墨は取材には応じず、静観するつもりです。そこに蒋放が面会に来ると、今回のゴシップ記事は「天上の銀河」制作の契約違反だと、新しい主演男優を連れてくるか、もしくは主演を韓絵に代えるよう通告します。この記事をでっち上げた蒋放のもう一つの目的は、小暖に非墨を諦めさせることでした。

非墨は社内で噂話やデマを流さないよう指示し、予定通りに映画の撮影準備をさせます。程会長に実状を伝えると、小暖のような人は滅多にいないから、手放しては一生後悔すると忠告されます。そして小暖は自分が見込んだ嫁だから、傷つけないよう念を押されます。

第30話 影の中(上)

韓絵との熱愛報道に対して、安寧が動きを見せない中、韓絵は程会長が言っていた話を確認するため、非墨に会いに行きます。すると非墨は、昔溺れかけたせいで、今小暖を苦しめていると口にします。韓絵は話を合わせるものの、非墨を救った記憶はありません。

その後、小暖は人生のパートナーだと非墨に明言された韓絵は、レッスン中の小暖を見つけるや難癖をつけ、成功するには才能と運が必要で、小暖の運命は永遠に韓絵の影の中にあると吐き捨てます。

小暖はというと、韓絵との熱愛報道を見て以来、非墨を避けていました。非墨が誤解を解こうとしても、聞く耳を持ちません。非墨とは仕事だけの関係で、仕事の話は焼静と李監督にすると突っ張ねます。

第31話 影の中(下)

嘉怡にカフェへ呼び出された小暖は、非墨と韓絵の報道が事実だと、自分が見たことを聞かせます。嘉怡の目には、小暖が非墨を好きなのは明らかですが、小暖はそれを認めず、非墨が契約を結んだのは韓絵へのあてつけだと言います。

そこに非墨と雲洲がカフェに来店したので、小暖と嘉怡は隠れて2人の会話に耳を傾けます。あろうことか、雲洲は女性をモノにするプロセスが楽しく、嘉怡の好みに合わせて貧乏キャラを演じていたと言い出します。堪らず嘉怡は店を後にします。

雲洲は誤解を解こうとしますが、嘉怡は本当の雲洲が分からなくなりました。「お坊ちゃまはみんな一緒」と口にした途端、雲洲は自分を理解する気がないと、言い逃れをします。

一方、非墨も小暖の誤解を解こうとしますが、小暖は利用されるのはうんざりだと言い、安寧と契約できたのも、「天上の銀河」の主役に抜擢されたのも、非墨の私的な目的に使われただけだと訴えます。

第32話 願い(上)

小暖が気になって仕事が手につかない非墨は、秘書のマギーに友人の話だと前置きして、恋愛相談をします。マギーは自分が社長の恋人だったら、ゴシップが多くて不安になると答えます。

非墨は小暖の本当の気持ちを聞き出すため、湖へと連れ出します。湖に浮かぶボートの上で、非墨は韓絵とのことは潔白だから、自分を信じて欲しいと伝えます。そして、天灯に願いを込めて飛ばすと、改めて小暖に告白します。

その後、「天上の銀河」クランクインの記者会見が行われます。主演男優はまだ発表されておらず、期待が集まる中、小暖は見事なスピーチを行います。

以上、『蝶の夢 ~ロマンスは唇から~』第27話~第32話のあらすじでした。

error:Content is protected !!