華流ドラマ『紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~』はどんなドラマ?登場人物・キャストなど画像を含めてご紹介

中国 時代劇
中国ドラマ 紅蓮伝

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

話題作『紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~』は、2020年上半期の評価ランキング第1位となったアクションラブ史劇です。逆賊との戦いや武林同盟の剣客同士の勝負など、アクションシーンは見応え十分です!

『紅蓮伝』の作品情報

原作:少年遊之一寸相思 2020年|中国
英題:Love in Between
脚本:ウー・トン(吴桐)
監督:マオ・クンユー(毛鲲宇)
エピソード数:全58話
©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

『紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~』ストーリーと相関図

では、『紅蓮伝』の作品について見ていきましょう。

舞台は架空の王朝・大盛たいせい国です。孝明10年の大盛国は大臣の専横で国が揺れていました。正陽宮が盟主を務める武林正派は朝廷に干渉しないことを信条としますが、山水渡さんすいとだけは密かに門徒たちを市井に放ち、世の動きを逐一届けさせていました。

ある日、嵬南王が謀反の罪で捕らえられ、一族皆殺しにされます。世子の段衍だんえんだけが生き延びましたが、段衍は雪域三魔を従えて錦繍きんしゅう山河図を奪い、西方にある赤炎沙へ逃げ去ります。

山水渡の宗主・文思淵ぶんしえんは錦繍山河図を奪還するため、流浪の医者・左卿辞さけいじを雇います。旅の仲間は武林の沈曼青しんまんせい殷長歌いんちょうか、そして謎の盗賊・飛寇児ひこうじ

実は飛寇児の正体は、10年前に左卿辞の命を救った少女・蘇雲落そうんらくでした。再会した2人が、自らの宿命と朝廷の陰謀に立ち向かっていくストーリーです。

錦繍山河図とは:地形と兵の配置を記した大盛国の軍事機密。絹のように薄い紙に描かれ、しまえば1寸、開けば30倍になる。

雪域三魔とは:鬼童子、蠍娘、丑奴児の3人のこと。

『紅蓮伝』の相関図

紅蓮伝 相関図

出典:公式サイト

『紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~』登場人物と出演キャスト

左卿辞(さけいじ)役 / ジャン・ヤオ(張耀)

青年医師。病弱ながらも世を渡り歩く腕利きの医者です。賭場で卒倒した者を助けて小銭を稼ぐことも。10年前に左卿辞と改名。白陌という弟子がいます。蘇雲落に生きる希望を与えられました。武術の心得はありませんが、飛寇児たちに同行するのを快諾します。

飛寇児(ひこうじ)/蘇雲落 役 / ジャン・ヤーチン(張雅欽)

盗賊。盗みの腕は天下一品で、盗み出せないものはないと言われています。通称”飛賊の寇”。軽功が得意。男装していますが実は女性。飛寇児は蘇雲落そうんらくで、10年前にある出来事で左卿辞の命を救っています。鶴尾白の在り処と引き換えに山河図を奪還することに。

文思淵(ぶんしえん)役 / ゾウ・ティンウェイ(邹廷威)

独自のやり方で暗躍する秘密組織・山水渡の宗主。天下の情報をくまなく掌握し、急な変事も解決に導きます。盗まれた山河図を奪還するよう左卿辞たちに依頼します。

沈曼青(しんまんせい)役 / ドン・ユーリー(鄧郁立)

朝廷に干渉しないことを信条とする武林正派の剣客。正陽宮の最初の弟子。”白い手 狻猊”の一人。左卿辞たちと山河図を探します。正義感が強く、忠義に厚い。雲蕩七寇との間に宿怨があります。七寇の商晩の居所を教えてもらうため、山河図を奪還することを承諾しました。

殷長歌(いんちょうか)役 / ジョン・ハオ(鄭好)

正陽宮の弟子で、沈曼青の弟弟子。”白い手 狻猊”の一人。蘇雲落の弟でもあります。朱厭とのブロマンスにドキドキ。

朱厭(しゅえん)役 / シー・ユンポン(石雲鹏)

邪教の”血翼神教”を崇拝する異国の出身。山河図がらみで蘇雲落たちと出会います。蘇雲落を救うため命を落とします。

チェック キャストの出演作品をお探しの方はこちら の記事をご参考にしてください。

『紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~』あらすじ

各話のあらすじ抜粋を見るには↓タップしてご覧ください。


『紅蓮伝』第1話

大盛国の北の国境を守る靖安侯の屋敷から、軍事機密を記した「錦繍山河図」が盗まれた。奪還の依頼を受けた江湖の情報機関・山水渡の宗主・文思淵は、正陽宮の侠客、沈曼青と殷長歌にこれを依頼する。

『紅蓮伝』第2話

左卿辞たちが赤炎沙に着いた頃、山河図を奪った段衍は宰相・羅木耶を訪ね、古茲との間を取り持つ約束を取りつけていた。段衍が滞在する羅木耶の別邸に山河図があると見た左卿辞らは、盗み出そうと画策する。

『紅蓮伝』第3話

サソリの毒にあたった飛寇児は屋敷から脱出。左卿辞と共に雪域三魔の追跡から逃れる途中、先程救った妓楼の雑用係・朱厭にかくまわれる。左卿辞は毒を抑える施術をし、飛寇児が女であることを知っていると告げる。

『紅蓮伝』第4話

雪姫夫人に取引を持ちかけた帰り、左卿辞は雪域三魔に捕らえられる。助けにいくと焦る長歌らに、飛寇児は左卿辞が残したという文を見せ、計画を進める。一方、鬼童子は何も明かさない左卿辞に賭けを持ちかける。

『紅蓮伝』第5話

斬首されそうになった左卿辞だが、飛寇児に救われる。駆けつけた曼青たちは丑奴児を始末し、一行は赤炎沙から脱出を果たす。その頃、古茲の使者と面会した段衍は、羅木耶に陥れられたことに気がつく。

『紅蓮伝』第6話

山河図の奪還が難しいため、靖安侯は娘の厳晴を守るよう秦将軍に託す。そのやり取りを陰から苦渋の表情で聞いていた厳晴は、自分が段衍をかくまったせいで山河図を盗み出されたことを悔やんでいた。

『紅蓮伝』第7話

拓州に来た左卿辞と雲落は、曼青らと合流。女であることを明かした雲落は曼青や朱厭らと打ち解ける。厳晴を人質に取られた靖安侯は、敵に隙を与えないため、山河図を奪還した者を沈三章より先に突き止めようとする。

『紅蓮伝』第8話

雲落は、次に探す鶴尾白が正陽宮にあると文思淵から聞き、左卿辞ら一行に別れを告げて馬を走らせる。任務を終えた曼青と長歌、長歌に誘われた朱厭、そして何かを画策する文思淵も正陽宮へ向かう。

『紅蓮伝』第9話

正陽宮に戻った曼青と長歌は、朝廷に絡む任務を請け負ったことを長老に叱責される。文思淵は2人をかばい、もし許してもらえたら商晩の居場所を教えると提案する。一方、方外谷に帰った左卿辞がある情報を得た。

『紅蓮伝』第10話

剣術大会の優勝者には正陽宮から鶴尾白が与えられる。出場者が集う宴の席で朱厭と酒を飲んだ文思淵は、朱厭が血翼神教の者だと知る。左卿辞は雲落のために鶴尾白を手に入れると文思淵に告げ、手助けを頼むが…。

『紅蓮伝』第11話

鬼童子にさらわれた曼青を助けるため、彼女の許嫁・沐英が駆けつけるが、鬼童子が曼青に放った毒虫を恐れ、近づくことができない。そこに現れた文思淵は、自らの手を毒虫に刺させて曼青を救い出す。

『紅蓮伝』第12話

文思淵が屋敷に戻ると、鬼童子の姿から戻った孫斯弱がいた。斯弱は元の姿に戻れば数日しか生きられないことを知っていたが後悔はない。剣術大会が始まり、変装術で別人に成り済ました斯弱は圧倒的な強さで勝ち進む。

『紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~』DVD情報

error:Content is protected !!