華流ドラマ『驪妃-The Song of Glory-』はどんなドラマ?あらすじ・登場人物・キャストなど

中国 時代劇

華流ドラマ『驪妃-The Song of Glory-』は、第49回国際エミー賞(International Emmy Award)のテレノベラ部門(Best Telenovela)で最優秀作品に選ばれた話題作です。

美しい女刺客を演じるリー・チンがかっこいいアクションを披露しています!

© 2020 Croton Entertainment Co. Ltd.

『驪妃』作品情報

原作:锦绣南歌(錦繍南歌) 2019年|中国制作
脚本:ウー・マンチャン、シー・ルオミン
総監督:リー・フイジェ
演出:ホアン・ビン
プロデューサー:ワン・イン
エピソード数:全53話
© 2020 Croton Entertainment Co. Ltd.

『驪妃』あらすじと相関図

© 2020 Croton Entertainment Co. Ltd.

舞台は南朝の宋。朝廷内ではさまざまな勢力が権力を握ろうとうごめいており、皇帝はその動きを治めることも難しくなっていました。皇帝の異母弟である彭城ほうじょうは、独自の勢力を密かに構築し、皇帝の権力が回復するよう試みます。

一方、朱雀盟の刺客として育った驪歌りかは、彭城王の暗殺を企てています。陸遠りくえんに近づいた驪歌は、彭城王の義母・孫太妃の宴で舞を披露する機会を得たものの失敗してしまいます。驪歌の身代わりとなった阿奴あどが殺され、死に際に阿奴から腕輪を託されます。

驪歌は兄弟子と命からがら逃亡し、孤児院に身を隠すことに。すると、驪歌の腕輪を見たしん夫人は、18年前にさらわれた娘・嘉寧のものだと気づき、驪歌を沈家に迎え入れます。そこで驪歌は沈家の長女のふりを始めますが、阿奴の仇討ちを諦めてはいません。

そんな時、陸遠を成敗しようと暗躍する正体不明の英雄と知り合います。

『驪妃』の歴史的背景

舞台となる南朝の宋は、南北朝時代の宋(420年~479年)です。武人出身の劉裕りゅうゆうが帝位について南宋を建てました。

ドラマでは、この時代に実在した人物たちが登場します。

劉義康:南宋の初代皇帝・劉裕の第四子。母親は王美人。劉義隆の元嘉の治を補佐。皇帝からの信頼も厚く、劉宋宗室大臣などを経て宰相となります。正妻と側室の2人がいましたが、ドラマで登場する驪歌の沈氏は実在していないようです。

劉義宣:劉裕の第6子。母親は孫美人。身長7尺五寸(約183㎝)あり、色白の超美男子だったとか。

劉義符:南宋の第2代皇帝。劉義康とは異母兄弟。

劉義隆:南宋の第3代皇帝。劉義康とは異母兄弟。

南朝の宋以降、皇帝になった者たちは身分の低い武人出身でした。貴族たちは己の地位を保つため、皇帝に官僚として仕えながらも貴族社会を確立します。したがって、南朝では貴族勢力が優勢で、皇帝の権力は振るわないのでした。

『驪妃』相関図

驪妃 The Song of Glory 相関図
出典:公式サイト

『驪妃』登場人物と出演キャスト

驪歌(りか)役 / リー・チン(李沁)

朱雀盟の女刺客。彭城王を親の仇と信じ、踊り子として暗殺を企てます。沈家の長女になりすまし、素性を知らないまま彭城王と結婚します。結婚式の際に暗殺を実行するのかしないのか⁈

劉義康(りゅうぎこう)役 / チン・ハオ(秦昊)

彭城王。宋国の武帝・劉裕の第4子。皇帝を補佐し、反勢力に対抗する機会を探すために目を欺いています。

劉義宣(りゅうぎぜん)役 / グー・ジアチェン(谷嘉誠)

 
竟陸(きょうりょう)王。母は孫太后。劉義康に非常に近い存在。従兄の陸遠に不満を抱いていますが、陸婉は親友と見なしています。驪歌を好きなのですが、劉義康との婚約を知って諦めます。

陸遠(りくえん)役 / チー・ジー(戚迹)

陸延弟の息子。陸婉の兄。孫太后の甥。五兵尚書であるだけでなく、外軍を保持し、権勢を笠に着て民を虐げています。彭城王を暗殺する計画を試みるも陰謀は失敗に終わります。

沈楽清(ちんらくせい) / グァン・シュェイン(关雪盈)

沈家の次女。子供の頃から、彭城王に恋焦がれていました。侍女として彭城王府に潜り込みますが、驪歌が側妃になり陰で陰謀を企てます。

その他の登場人物をご覧になるには、 をタップしてください。


彭城王府(皇室)

劉義康:彭城王
劉義宣:竟陸王
孫太妃
彭城王妃:彭城王妃
沈驪歌
沈楽清
曹三宝:参軍
許詹:彭城王の暗衛
季恕:参軍
越方:校尉
春芳:孫太妃の侍女
玉煙:彭城王正妃の侍女
玉蝉:替え玉の侍女
小辛:侍女
紅丹:侍女
秋琴:彭城王の女中
月梅:沈驪歌の教育係

沈家(庶民)

沈廷章:沈家の父。安北将軍→鎮北将軍→五兵尚書
楊梓蘭:沈家の母
沈植:沈廷章の長男。領軍将軍→護軍将軍
沈楓:沈廷章の次男。虎賁校尉→安北将軍
沈驪歌(沈嘉兒)
沈楽清
霊犀:沈楽清の侍女
周正:沈府の管理人
梅綺

朱雀盟(江湖)

王勉:朱雀盟の裏の首領。王子衿の父
徐子憲/除臨:朱雀盟の首領
陳少巽/陳良工:朱雀盟の刺客
驪歌
阿奴:朱雀盟の刺客
阿綾:朱雀盟の刺客
空上:朱雀盟の刺客
徳順

陸家(士族)

陸延弟:陸家の父
陸遠
陸婉:陸延弟の娘
薛逑:校尉

王家(士族)

王勉:王子衿の父
王子衿

『驪妃』の見どころは?

大ヒットドラマ『王女未央』のスタッフが制作した『驪妃』。両作品の原題には「錦繡」が入っているので『王女未央』の続編かと期待しましたが、残念ながらストーリーに関連性はありませんでした。

でも、主人公が他人の家族の一員になりすましたり、お互いの素性を知らないまま愛し合い、敵に立ち向かうなどの共通点があります。

ドラマの中では、所々にお菓子(茶菓)が登場します。これは『驪妃』のドラマの時代背景が関係しているようです。南北朝時代は茶文化の成立期にあたり、貴重な果物を用いた茶菓は、献上品として政治的に利用されていたとか。

皇族や貴族たちに好まれたという茶菓や、蓮子羹や穀物で作られた点心にも注目してみたいものです。

『驪妃-The Song of Glory-』DVD情報

◆ DVD-BOX1:1話~18話収録

以上、『驪妃-The Song of Glory-』のあらすじ・登場人物・キャストをまとめました。

error:Content is protected !!