華流【時代劇で使われる言葉】時間を表す「更」は「刻」と何が違う?どれくらいの時間になる?

トリビア

こんにちは。中国ドラマにハマって間もない華流ビギナーです。
中国の時代劇を見ていると、なじみのない言葉がよく使われていて理解に苦しむことがあります。そこで中国ドラマをもっと楽しめるよう、日常的には使わない用語について調べてみました。ドラマのワンシーンと共にお届けします。

中国時代劇で時間の表し方には「刻」以外に「更」もある

中国時代劇では時間を表すのに一刻、二刻…のように「刻」が使われますが、「刻」ではなく「」が使われることもあります。

「一刻」の時間については、こちら↓の記事で解説していますので、どうぞご覧ください。

華流時代劇でよく使われる言葉 「一刻」はどれくらいの時間?十二辰刻とは?
中国時代劇でよく出てくる言葉「一刻」を調べてみました。一刻はどれくらいの時間になるのでしょうか?時代劇のワンシーンと共に見ていきましょう。

時間の表し方「更」とは?

「更」とは、古代中国の時刻制度で、夜の時間帯を表す言い方です。夕暮れから夜明けまでの1夜を5区分し、およそ2時間に区切った時刻に相当します。

初更(一更)、二更、三更、四更、五更と分けられます。

五更 時間

例えば「五更」は現在のおよそ午前3時から午前5時、または午前4時から午前6時頃に当たります。

日の出・日の入り時刻が季節によって変化するので差が生じてしまいます。ですからザックリと「早朝/明け方」と捉えたほうが良いかもしれません。

夜間の分割については6等分のほか、5等分の更点法もある。日暮れを一更とし、二更、三更として夜明け前は五更となり、一つの更はさらに一点から五点まで5等分され、夜明けは五更五点となる。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より

一つの更がおよそ2時間ということは、それを5等分した24分が一点となりますね。

画像:Baidu百科

更けるの「更」は、もともとは夜警の者が更代(こうたい)するという意味から、夜間を5区分にした時間の単位となったそうです。

中国時代劇での「更」の使われ方

では、どのように「更」が使われているのか、時代劇『水滸伝』のワンシーンから見てみましょう。

道士の公孫勝が宋洪に物語を聞かせるシーンです。

宋の仁宗が在位中のこと
嘉佑(かゆう)3年3月3日の五更三点
天子は紫宸殿で文武百官の朝賀を受けていた
『水滸伝』(第1話)より引用

 
皇帝は自ら詔書をしたため、大尉の洪信を勅使として、仙人の張天師を招くよう派遣します。しかし仙人は不在でした。

翌日 五更の時分
道士らは洪大尉に沐浴の準備をし
衣を着替えさせて 
わらじを履かせ
精進食を勧めた
『水滸伝』(第1話)より引用

とあります。

「五更三点」と「五更の時分」のように使われています。

時間の表し方「更」のまとめ

  • 「更」とは、夜の時間帯を5区分した言い方(約2時間
  • 初更(一更)、二更、三更、四更、五更と分ける
  • 「点」は一つの更を5区分したもの(約24分)

ちなみに、中国ドラマ『紳士探偵 L』の中でも、時刻を表すのに「更」が使われていました。

画像:『紳士探偵 L』

『紳士探偵 L』は1930年代が舞台となっていますが、このドラマでは「更」は六等分されています。

今回の記事に登場した作品

Amazon プライムビデオで視聴する(第1話 ¥0)

error:Content is protected !!