『風起花抄~宮廷に咲く琉璃色の恋~』キャスト・登場人物・相関図をご紹介!グーリー・ナーザー&ティミー・シュー

風起花抄~宮廷に咲く琉璃色の恋~

China International Television Corporation All Rights Reserved

風起花抄(ふうきかしょう)~宮廷に咲く瑠璃色の恋~』は、2021年に中国で制作された宮廷歴史ドラマです。

刺繍の技で天下一の技を持つ母の死をきっかけに、人生が大きく変わってしまった庫狄琉璃こてき・るり(グーリー・ナーザー)が、母の死の真相を探り、唐の宮廷に渦巻く陰謀に立ち向かいます。

こちらの記事では、『風起花抄~宮廷に咲く瑠璃色の恋~』の見どころや、あらすじ・キャスト・相関図・挿入歌まど、基本情報をまとめています。

『風起花抄~宮廷に咲く瑠璃色の恋~』作品概要

  • 制作:2021年|中国
  • 原題:風起霓裳
  • 原作:大唐明月(蓝云舒 著)
  • 脚本:メイ・インジュ(梅英菊)、ワン・イン(王英)、ラン・ユンシュー(蘭雲舒)
  • 監督:チャン・カーラム(陳家霖)、ホー・ジェンホワ(何振華)、ワン・ジューミン(王燭明)
  • エピソード数:全40話
  • China International Television Corporation All Rights Reserved

あらすじ

舞台は、唐の第2代皇帝・李世民の時代です。あの武則天も登場しますよ。

如意衣装店は長安一の人気店。そこで働く安四娘あん・しじょうは、“天下第一針”の称号を持つ刺繍の達人で、かつて宮中で陛下から”金針”を賜ったこともある腕前の持ち主です。しかし、安氏は平凡な生活を望んで皇宮を去りました。

娘の庫狄琉璃こてき・るりと暮らしていたある日、武元華ぶ・げんかが才人に封じられると、婚礼衣装の注文を受けますが、弟子の卓錦娘たく・きんじょうに陥れられて囚われの身に。安氏は不禄院の孫徳成そん・とくせいに助けを求めると、琉璃を残して逝ってしまいます。

その後、不禄院で豆子とうしと名を変えて育った琉璃は、男装して医官を務めますが、母から受け継いだ技が卓錦娘の目に留まってしまい、素性がバレる前に宮中から脱出します。

そこで琉璃は、母の死の真相を明らかにして、無実の罪を晴らそうと決心します。裴行倹はい・こうけんと出会った琉璃は次第に惹かれていきますが、果たして琉璃は“天下第一針”の称号を取り戻せるのでしょうか。

相関図

出典:公式サイト

『風起花抄~宮廷に咲く瑠璃色の恋~』の登場人物・キャスト

庫狄琉璃(こてきるり) 役:グーリー・ナーザー(娜扎)

風起花抄 グーリー・ナーザー

母の愛情をたっぷり受けて育った、素直で優しい性格の持ち主。天下一の刺繍の腕を持つ母の安氏から針仕事を禁じられていましたが、ひそかに母の技術を見て学んでいたので、刺繍作りは名人級です。

天賦の才を持つ瑠璃を案じた安氏は、”金針”と”安氏 刺繍奥義”を瑠璃に託して武府へ送り、決して素性を明かさないよう言い残してこの世を去りました。母なき後は孫徳成そんとくせいに引き取られて、不禄院で豆子とうしとして育ちます。

男装して医官を務めていたものの、安氏の技を受け継ぐ者がいると知れ渡り、身の危険を感じて宮中から脱出。その後は玉児ぎょくじと名乗って絵師として働き、母の死の真相を探ります。

卑しい胡人だと絡まれても、長孫皇后への不敬だと言い返せる強さがあり、辛い過去にもめげずに立ち向かいます。
* 胡人とは、主に長安などの都にやってきた西域商人たちのこと

グーリー・ナーザーのプロフィール

グーリー・ナーザー(娜扎)
1992年5月2日生まれ。ウルグイ自治区ウルムチ市出身。172m
出演作:「三国志~趙雲伝~」「擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~」「十年三月三十日」など

裴行倹(はいこうけん) 役:ティミー・シュー(許魏洲)

少年時代を演じているのは辺程

風起花抄 ティミー・シュー

字は守約しゅやく。武術を学び、国を守る日を夢見て、科挙の試験を受けるために上京しました。

瑠璃との出会いは、蘇将軍に弟子入り志願した際、射った矢がたまたま琉璃の手巾に当たったのがきっかけ。その後、役人に追われる瑠璃を手助けしますが、瑠璃は捕らえられてしまい、”金針”と”安氏 刺繍奥義”を預かったまま時が流れます。成長して偶然再会するも、2人はお互いに気づかず…。

国子監四門学の学生になった行倹は、科挙の試験方法と明経科のあり方に言及し、李治と科挙制度の改革推進を目指します。

ティミー・シューのプロフィール

ティミー・シュー(許魏洲)
1994年10月20日生まれ。上海市出身。
出演作:「恋愛できない僕のカノジョ」「シークレット♡ハウス~恋の相手はトップスター!?~」など

李治 役:ジャオ・シュンラン(趙順然)

風起花抄 ジャオ・シュンラン

皇太子。太宗皇帝の第9子。裴行倹と意気投合して国のために力を尽くし、のちの第3代皇帝高宗となります。飲酒と詩作を好み、酔香楼に通いづめと言われていますが、国が良くなるためにどうすればいいかを常に考えています。

曹王から命を狙われますが、裴行倹に救われます。父の妃でもある武媚娘に助けられていくうちに、彼女のことを愛すように。

ジャオ・シュンランのプロフィール

ジャオ・シュンラン(趙順然)
1995年4月16日生まれ。重慶市出身。185cm
出演作:「片思い~秘密の恋心~」「夢織姫~秘密の貴公子に恋をして~」など

武媚娘 役:シー・シー(施詩)

風起花抄 シー・シー

太宗皇帝の妃。まだ才人だった頃、婚礼衣装を頼みに行った先で、瑠璃と知り合います。大理寺の役人に捕らえられそうになった瑠璃を逃すため、裴行倹を遣わせます。また、男装して医官を務める豆子の刺繍の才を見抜き、豆子がピンチに陥ると便宜を図ります。

のちの武則天として活躍し、自分を守る方法を知って宮殿の状況を理解すると、李治を助けるようになります。

シー・シーのプロフィール

シー・シー(施詩)
1990年2月6日生まれ。安徽省出身。
出演作:「武則天-The Empress-」「明蘭〜才媛の春〜」など

卓錦娘(たくきんじょう) 役:李芯逸

風起花抄 李芯逸

尚服局の大家。“天下第一針”の称号を持つ安氏の弟子。

楊妃が皇后になると噂を聞くと、冊封の儀で着る褘衣きいを用意するため、安氏を半ば脅して作らせます。“天下第一針”の称号の証しとなる金針を手に入れるため、安氏を死に追いやり、瑠璃を捕えます。その後、豆子が持っていた巾着の刺繍が師匠のものと見なすと、出所が分かるまで執拗に調べます。

李芯逸のプロフィール

1980年4月30日生まれ。北京出身。
出演作:「啊搖籃」「我的真朋友」など

その他 登場人物

その他の登場人物はタップしてご覧ください。


庫狄延忠(えんちゅう):安氏と曹氏の夫。琉璃と珊瑚の父親。安氏が捕らえられると家族を守るために安氏を離縁します。数年後、瑠璃が姿を現しても知らんぷり。

曹氏:珊瑚の母親。庫狄延忠の妾。安氏と離縁するよう庫狄延忠を唆し、安氏が亡くなると“天下第一針”の称号を掲げて、曹記衣装店を開きます。

庫狄珊瑚:曹氏の娘。琉璃の妹。お見合いに着ていく衣装を如意衣装店からパクったことで波紋を巻き起こします。

庫狄五娘:琉璃と珊瑚の叔母。庫狄延忠の妹。裴都尉府の妾。珊瑚の縁談を頼まれて、裴炎の側室の見合いに招きますが…。

曹吾(そうご):曹氏の甥。阿霓のことが好き


安四郎(あん・しろう):安氏の兄長。如意衣装店の店主。琉璃の叔父

阿霓(あげい):如意衣装店の番頭


孫德成(そん・とくせい):不禄院主事内侍。安氏に頼まれて瑠璃を助け出し、宮中で育てます。

順子(じゅんし):孫德成の愛弟子。心優しいが気弱な性格。琉璃の素性がバレないように、琉璃が作った巾着を宮中で売ったことで捕らえられてしまいます。

桂子(けいし):不禄院の太監。悪気はないが口が軽い

魏林(ぎりん):不禄院の新太監。卓大家に取り入って内通者に。


林尚服:尚服局の尚服。采章署を厳しく取り仕切り、野心を抱く卓錦娘を危ぶみます。

鄧七娘(とう・しじょう):卓大家に忠実な尚服局の織女。曹吾の遠縁の親戚で、宮中の衣の図案を曹氏に譲ります。

阿碧:尚服局の織女


長孫皇后:前皇后
楊妃:太宗の寵妃。曹王の養母
丹青:楊妃の宮女
李明/曹王:唐太宗の十四皇子
蒲巴弩:曹王の近衛
松濤:武才人の宮女
不適用:太子妃
王伏勝:東宮の大太監
書蘭:東宮の宮女
蘇定方:官拜大将軍
臨海大長公主:李淵の十六公主
潘秦海(はん・しんかい):内侍院副総管

『風起花抄~宮廷に咲く瑠璃色の恋~』の登場人物のモデルはいる?

庫狄琉璃

庫狄琉璃のモデルは華陽かよう夫人 庫狄氏という実在の人物です。武則天に仕えた女官から裴行倹の妻になりました。
 

庫狄という姓は、鮮卑せんぴ姓で、長孫皇后も鮮卑姓です。鮮卑は非漢民族の五胡(匈奴・鮮卑・羯・氐・羌)の一つで、モンゴル系民族です。

庫狄氏はなぜか裴行倹とは同じ墓に入っていないので、庫狄氏は裴行倹の早逝した息子の妻だったという説もあります。

裴行倹

裴行倹は唐の時代に名将として活躍した人物です。唐と西域との外交に尽力し、突厥の鎮圧に貢献するなど、多くの実績を残しました。

兵法にも長けており、まさに文武両道でしたが、武則天を皇后に刪立するのを反対して、西州都督府の長史に左遷されてしまいました。

この2人以外にも、武媚娘や李世民、李治など歴史上の人物が、これまでのドラマとは違った新たな解釈で登場します。

『風起花抄~宮廷に咲く琉璃色の恋~』見どころ

『風起花抄~宮廷に咲く琉璃色の恋~』の見どころを3つのポイントにまとめてみました。

  1. 刺繍がテーマ
  2. 唐代の“尚服局”を舞台に、宮廷で刺繍や服作りを行うシーンは「大唐流流~宮廷を支えた若き女官~」のようです。

    しかし本作は、刺繍が原因で琉璃の母親が命を落とし、その真相を追求するという内容で、”金針”と”安氏 刺繍奥義”がストーリーの重要なカギとなっています。

    瑠璃の運命は、安氏の刺繍の技によって大きく変わってしまったのがポイントです。
     

  3. 主人公の設定
  4. 庫狄琉璃は衣装店の娘であり、宮中の医官でもあるという2つの身分で活躍します。

    宮中では男性として育ったという設定でも、あんなにかわいい顔なら男装しててもバレるでしょ?というのをよそに、ドラマの中では男性として通用しているのは中国ドラマあるあるですね。

    庫狄琉璃のモデルと裴行倹は実在の人物ですが、あまりドラマや映画では取り上げられていないようです。「武則天」でおなじみの人物も登場するので、そちらと見比べながら観るという楽しみ方もできそうです。
     

  5. 唐の時代設定
  6. 唐代を舞台にした代表的なドラマに「武則天-The Empress-」がありますね。鮮やかな色彩に溢れた、華やかな宮廷ドラマですが、『風起花抄~宮廷に咲く琉璃色の恋~』は細部までこだわり抜いた豪華なセットや小道具に加え、世界各地から使節や商人が集まる当時の国際色豊かな長安を垣間見ることができます。

『風起花抄~宮廷に咲く瑠璃色の恋~』挿入曲

曲目作詞作曲歌手
明月傳說
(主題歌)
占逸君錢雷周深
留着吧
(エンディング曲)
苏珊

『風起花抄~宮廷に咲く瑠璃色の恋~』配信・放送情報

配信サービス情報

『風起花抄~宮廷に咲く瑠璃色の恋~』を配信しているVODは残念ながらありません。

配信が開始されたら更新する予定です。

テレビ放送のご案内

  • 5月24日(火)~チャンネル銀河で放送開始
  • 毎週(月)~(金)
  • 14:30~15:30

以上、『風起花抄~宮廷に咲く瑠璃色の恋~』の見どころ・あらすじ・相関図・登場人物・キャストをご紹介しました。

error:Content is protected !!